2012年07月05日

新日本語の中級 第12課-A

みなさん、こんにちは。

さて、前回(ぜんかい)のつづきです。
会話のないようを少し変(か)えましたので、すみませんが、
もう一度見てみてください。


それでは、文法(ぶんぽう)をかくにんしましょう。

■ じょし「は」 / 「も」

●ジョン:映画館へ行ったことがないので、よくわかりませんが、
     映画をみるのに、一番安くて、1,000円かかるでしょう。

ジョンさんは映画館へ行ったことがないので、いくらかかるのか
よく知りません。でも、友達から聞いたことがあるので、だいたい
いくらぐらいか予想(よそう)できます。

予想(よそう)した金額(きんがく)や数(かず)で、
一番下の金額や数を言うとき、「は」を使います。

(この金額(数)より下にはならない!と思うとき、使います。)

<れい>
A:このコンピューターいくらかな。5万円ぐらいかな。
B:うーん。6万円するんじゃない?



●ジョン:じゃあ、19年間かわっていないんですか?!

では「も」はどんなときに使うのでしょうか。

自分が予想していたより高い・長い・多い・・・というときに使います。


■ 〜じゃないですか。(グッド(上向き矢印)

●ジョン:一番高いのは日本じゃないですか。(グッド(上向き矢印)

<〜じゃないです(〜じゃありません)+か。>
自分で考えて、正しいと思ったことを相手にかくにんしたり、
同じ意見(いけん)ですよね?と聞きたいときに使います。


それから、相手(あいて)の考えや意見(いけん)に反対(はんたい)
するときにも使います。


みなさんは日本で一番人口が多い都道府県を知っていますか。


はい、そうです。東京です。

じゃあ、2番目は?


Aさん:大阪(おおさか)です。
Bさん:いや、神奈川(かながわ)県じゃないですか
    神奈川県には横浜もありますし、人口(じんこう)もふえていますし・・・。

このとき、「〜ないですか。」グッド(上向き矢印) とさいごは上げてくださいね。


■ <ふつう形>+らしいです。

動詞・い形容詞 のふつう形 +らしい
名詞・な形容詞 のふつう形  +らしい
 休み + らしい ⇒ 休みらしい
 
●1993年に1,800円になったらしいよ。

「〜ようだ」と「〜らしい」はよくにています。(だいたい同じです)

●「〜ようだ」は目からの(見た)情報(じょうほう)が多いです。
 「〜ようだ」の前に言っていることに興味(きょうみ)が少しあります

●「〜らしい」は耳からの(聞いた)情報(じょうほう)が多いです。
 「〜らしい」の前に言っていることにあまり興味(きょうみ)がありません

 A:先生、今度結婚するそうだよ!!
 B:ああ、そうらしいね。田中さんから聞いた。

Bさんは先生が結婚することにあまり興味がないようですね。

※〜によると、      〜らしいです。
 〜の話では、
 〜から聞いたんだけど、
  ↑どこからその情報(じょうほう)を聞いたのか、をいっしょに使えると
   いいですね。


■ <ます形>+なおします

ジョン:考え直(なお)したほうがいいかもしれませんね。

<動詞ます形+なおします>
一度したことをもう一度することです。
一度したことが正しいかどうかわからないとか、一度したことがあまりよくないので、
もう一度よくするためにするとき、使います。

・さっき手紙を書きましたが、字があまりきれいじゃないので、もう一度
 書き直(なお)します。
・(テストのとき)答えにまちがいがないかどうか、もう一度よく見直します。

<では、みなさんも 〜直(なお)します。>の文を考えてみてください!


ここまでいいですか。


では、少し休みましょう。
posted by Azumi at 15:12| 東京 🌁| Comment(0) | 新日本語の中級 第12課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新日本語の中級 第12課-@

みなさん、こんにちは。

自分の国ではない国(外国)に住んでいる方に質問です。


外国で生活していて、一番気になることは何ですか。



自分の国との「ちがい」が気になると思った方、いらっしゃいませんか?


もちろん、ちがいなんてぜんぜん気にならない!という方も
いらっしゃると思います。

yasai.png

でも、スーパーへ行って、やさいを買おうと思ったら、
自分の国では50円で買えるものが、日本では150円で売っていたら、

えー??

とびっくりしませんか。自分の国とちがう、と。

外国へ行ったばかりのときは、物価(ぶっか)のちがいに
なれることが大切ですよね。

そうじゃないと、お金を使いすぎてしまうかもしれませんからあせあせ(飛び散る汗)


じゃ、みなさんが値段(ねだん)が高くてびっくりしたものにどんなものが
ありますか。ぜひ教えてください!


それから、物価(ぶっか)のちがいについて、ほかの人と話した
ことはありますか。どんな話をしましたか。日本語でどうぞ。


では、下の会話を見てください。
ジョンさん(アメリカ人)と山村さんの会話です。
二人は同じ会社で働いています。山村さんはジョンさんのせんぱいです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
eigakan.jpg

 山村:たしかジョンさんは映画が好きって言ってたよね。
ジョン:ええ。
 山村:日本でもよく映画を見に行ってるの?
ジョン:いいえ。日本の映画館で映画をみたことはありません。
 山村:どうして?
ジョン:映画館へ行ったことがないので、よくわかりませんが、
    映画をみるのに一番安くて、1,000円かかるでしょう。(グッド(上向き矢印)
 山村:そうだね。映画の日とかシルバー割引(わりびき)とかで1,000円で、
     ふつうだったら、1,800円だね。
ジョン:ほら、とても高いですよね。
 山村:そうかな。
ジョン:そうですよ。だって、アメリカは10ドルで見られるんですよ。
     10ドルだから、だいたい800円ですね。
 山村:そんなに安いの?
ジョン:ええ。フランスも同じぐらいだと思いますよ。
     インドネシアは25,000ルピアだから・・・250円ぐらい。
     友達がそう言ってました。
 山村:そう。
ジョン:一番高いのは日本じゃないですか。(グッド(上向き矢印)
 山村:そうかもしれないね。
ジョン:なぜ日本はそんなに高いんですか。
 山村:うーん、理由(りゆう)はわからないな。
    本に書いてあったんだけど、1970年ごろは550円だったって。
    そのあと、100円ぐらいずつ値上がりして、1993年に1,800円に
    なったらしいよ。
ジョン:じゃあ、19年間かわっていないんですか?!
 山村:そういうことになるね。
ジョン:じゃ、これからも1,800円でいいかどうか、そろそろ
    考え直(なお)したほうがいいかもしれませんね。
 山村:そうだね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

どうですか?

この会話がわかりましたか。
みなさんも同じ意見(いけん)じゃないかと思いますが、どうですか。

では、質問です。
@ジョンさんはどうして映画館で映画をみないのでしょうか。
A山村さんはどうして日本の映画のチケットが高いか知っていますか。
B日本の映画のチケットはむかしから1,800円でしたか。


わかりましたね?

じゃ、もう一度会話を読んでください。わからないことばはチェックしてくださいね。


文法については新日本語の中級 第12課-Aで考えましょう。
posted by Azumi at 10:28| 東京 🌁| Comment(0) | 新日本語の中級 第12課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

新日本語の中級 第11課-A

みなさん、こんにちは。

みなさんは日本語の勉強を始めて、どのぐらい経(た)ちましたか。

前はできなかったことが、今はできるようになりましたか。
たとえば、どんなことですか。教えてください!!


漢字が読めるようになりました。
日本人と日本語で話せるようになりました。
会議で日本語でプレゼン(プレゼンテーション)できるようになりました!


いろいろあると思います。

「前できませんでしたが、今できます。」を言うとき、
<可能(かのう)形のじしょ形>+ようになりました。


を使いますね。


では


★ 私は毎朝ヨーグルトとくだものを食べるようになりました

この文はどうでしょうか?

「〜ようになりました」の前は可能(かのう)形じゃありませんね。


<意志(いし)動詞のじしょ形+ようになりました>は

新しい習慣(しゅうかん)ができたとき、
何かが変わったとき


に使います。


<私の習慣>
・私は毎朝ヨーグルトとくだものを食べるようになりました。
・前はあまり水を飲みませんでしたが、今は毎日水を2リットル飲むようになりました。

<変わったこと>
・日本人はむかしあまり肉を食べませんでしたが、100年ぐらい前から食べるようになりました。
・最近(さいきん)では、子どもも携帯(けいたい)電話を持つようになりました。

では、みなさんの新しい習慣(しゅうかん)やみなさんの国で変わったことを
教えてください!


それでは、11課はここまで。

『みんなの日本語』第45課の「〜場合は、〜」もふくしゅうしておいてくださいね。
posted by Azumi at 11:10| 東京 ☁| Comment(3) | 新日本語の中級 第11課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新日本語の中級 第11課-@

みなさん、こんにちは。

2日間お休みしてしまいました。申し訳ありませんでした。。。


さてさて、今日はいい天気なので、がんばりましょう!


みなさんは友達とご飯を食べに行ったり、お酒を飲みに行ったりするとき、
どうやってお金を払(はら)いますか。

@ おごる:友達が食べたり飲んだりしたものも、ぜんぶ払う。
A 割り勘(わりかん):割(わ)る+勘定(かんじょう)
            勘定(払わなければならないお金全部)を半分にすることですね。
B 別々(べつべつ):自分が食べたものだけ払う。

<AとBのちがい>
たとえば

Aさん:カレーライス 880円、コーヒー 360円、ケーキ 280円 合計(ごうけい)1,520円
Bさん:スパゲッティ 780円、紅茶 420円 合計 1,200円


「別々に払いましょう。」と言った場合、Aさん、Bさんはいくら払えばいいですか。


答え

Aさん 1,520円、 Bさん 1,200円 です。


じゃ、「割り勘にしましょう。」と言った場合は?


答え

Aさんも、Bさんも 1,360円です。


いいですか。


じゃあ、Aさんが「おごりますよ。」といった場合は?


Aさん 2,720円、 Bさん 0円 ですね。

※AさんはBさんにおごります。/AさんはBさんにごちそうします
 BさんはAさんにごちそうになります


では、もう一度質問。

みなさんは友達とご飯を食べに行ったり、お酒を飲みに行ったりしたとき、
@〜Bどの方法(ほうほう)でお金を払いますか。


もちろん、だれといっしょに行くかも大切なポイントですね。

彼女だったら・・・おごりますね??


それでは会話を見てみましょう。

田中さん(田)と木村さん(木)は友達です。
今レストランでごはんを食べたところです。
このレストランはとても人気があるので、いつもこんでいます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
田:おいしかったね。
木:ええ、ここのピザはいつ食べても、最高(さいこう)!
田:本当。サービスもいいし・・・。
  あ、待っている人がたくさんいるね。そそろそ出ようか。
木:うん。

(レジの前で田中さんがお金を払おうとしている)

木:田中さん、割り勘にしましょうよ。
田:いいよ。今日はぼくが誘ったんだから。
木:でも、私、けっこうワイン飲んだし、田中さんには
  ごちそうになってばかりいるし・・・。
田:気にしないで。
木:じゃ、今度、私がごちそうするね。
田:うん。その時はよろしく。
木:今日はごちそうになります。どうもありがとう。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、みなさん、この会話がわかりましたか。

お金はだれが払いましたか。

そうですね。田中さんです。


田中さんは男の人ですか、女の人ですか。


はい、男の人です。「ぼく」と言っていますね。


これは友達との会話ですから、ふつう体で話しています。
もし、目上の人と話すときは、「〜です・ます」で話してくださいね。


■ いいよ。
木:田中さん、割り勘にしましょうよ。
田:いいよ。今日はぼくが誘ったんだから。

これは“Ok!”の「いいよ」ではありません。

”No”の「いいよ」です。「〜なくてもいいです。」の意味です。

「払わなくてもいいですよ。」

です。


"OK"の意味なのか、"No"の意味なのか・・・

それはイントネーションでわかります。

いいよバッド(下向き矢印)

「よ」がさがったら、"NO"です。

いいよグッド(上向き矢印)

「よ」があがったら、"OK"です。


それから、理由(りゆう)もきちんと聞いてくださいね。

この場合は「ぼくが誘(さそ)ったんだから」と言っていますね。
日本では誘った人が払うか、割り勘か、別々です。


誘(さそ)われた人でも、お金があって、やさしい人なら、お金を
払うかもしれませんが。。。


■ 悪いね。
下の会話をみてください。

:::::::::::::::::::::::

木:田中さん、コーヒーを入れましょうか。
田:ああ。悪いね

:::::::::::::::::::::::

この「悪いね」はどういう意味でしょうか?

「どうもすみません。」(ありがとうございます)の意味です。

木村さんが悪いんじゃありませんよ!
田中さんは「悪いね」と言って、自分をマイナスにしているんです。

この「悪いね」はあまり若い女の人は使わないと思います。

男の人と年配(ねんぱい)の方がよく使うと思います。


ですから、みなさんは聞いて、どういう意味か、わかるようにしておいてください。


■ <て形>+ばかりいる

田中さんにはごちそうになってばかりいるし・・・。

「〜てばかり」は同じことを何回もすることです。

※<名詞(めいし)+ばかり>は 同じものたくさんあるという意味です。

「ばかり」はいい意味ではありません。マイナスの意味です。

●自分がした(する)ことを「〜ばかり」でいうときは、「すみません。」という気持ちがあったり、
反省(はんせい)したりするときに使います。

●ほかの人がした(する)ことを「〜ばかり」でいうときは、非難(ひなん)したり、
注意(ちゅうい)したりするときに使います。

たとえば、

 勉強しないで、ゲームばかりしている。
 (ゲームばかりしていないで、勉強しなさい!)
 お金がないのに、新しい服を買ってばかりいる。
 

それでは、みなさんも文を考えてみてください。
みなさんがいつもしていることで、よくないことは何ですか?



できましたか?

文が正しいかどうか、わからない人はコメントに書いてくださいね。
posted by Azumi at 10:14| 東京 ☁| Comment(0) | 新日本語の中級 第11課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

新日本語の中級 第10課-A

みなさん、おはようございます。

みなさんは料理することが好きですか。
どんな料理をつくることができますか。


みなさん、下の絵の動詞を知っていますか。

調理の動詞.png

どうですか?


@ やさいを・・・煮(に)ます
A 肉を・・・焼(や)きます
B パンを・・・焼きます(Aと同じですね!)
C 材料(ざいりょう)を・・・まぜます
D 材料(ざいりょう)を・・・こねます
E かわを・・・むきます

答えは同じでしたか。

みなさん、

★「煮(に)ます」 と 「ゆでます」 何がちがうか、わかりますか。
 
 どちらもお湯(ゆ)の中にやさいや肉、魚などを入れますが、
 
 ゆでます⇒お湯(ゆ)だけ
 煮(に)ます⇒しょうゆ、スパイス、しお、さとう などを入れます

★「焼(や)きます」と「炒(いた)めます」
 
 どちらもフライパンを使いますね。

 焼(や)きます⇒フライパンの上で、材料(ざいりょう)をあまり動(うご)かしません。
 炒(いた)めます⇒フライパンの上で、まぜたり、材料(ざいりょう)よく動かしたりします。


では、みなさん。下の動画(どうが)を見てみましょう!
カレーライスの作り方です。



日本語で作り方の説明(せつめい)がありましたが、
わかりましたか。

では、次はみなさんがカレーライスの作り方を私に
教えてください。

日本語で、ですよ。

ではどうぞ!

:::::::::::::::

ちゃんと説明(せつめい)できましたか???

説明するとき、

まず
次(つぎ)に
それから


ということばを使うと、わかりやすいですね。

〜て、〜て、〜て、〜て・・・・・  と長い文をつくらないで
くださいね。わかりにくいですから。


カレーライスのレシピはこちら↓
http://www.bob-an.com/recipe15314/

ではでは、ビデオで言っていた内容はこちらです。
カレーライスの作り方.docx

■ <じしょ形>まで、〜

やきいろがつくまで・・・
すきとおるまで・・・

みなさんが今まで勉強したのは、<時間>+まで、<場所>+まで でしたね。

今日は <動詞>+まで です。

やきいろがつく・・・焼(や)いた色(いろ)がつきます(少しちゃいろくなります。)

ですから、

少しちゃいろくなるまで、焼(や)きます。
少しちゃいろくなったら、とめます。(やめます)


ということです。

ほかのれいは・・・
★この漢(かん)字をぜんぶ覚えるまで、寝ません!
  ⇒この漢字をぜんぶ覚えたら、寝ます。  

★5キロやせるまで、毎日ジョギングします。
  ⇒5キロやせたら、毎日ジョギングしません。


いいですか。

では、みなさんも文を考えてみてください。

★_____まで、______


■ 擬態語(ぎたいご)
第7課でもぎたいごを勉強しましたね。今日は料理で使えるぎたいごです。

さっと  : 短い時間でするとき、「さっと」を使います。
       れい)さっとそうじします。 / さっと立ちます。
       https://dbms.ninjal.ac.jp/nknet/Onomatope/50_on/satto.html

ぎゅっと : 強い力を入れます。たとえば、あくしゅをするとき、力を入れます。
       れい)ぎゅっとあくしゅをしました。
          びんのふたをぎゅっとしめてください。

こんがりと : パンをやいたとき、少しちゃいろくなって、いい色になりますね。
         それが、「こんがりと」です。「こんがりと」はいつも「焼(や)く」「焼(や)けます」
         といっしょに使います。

       れい)パンがこんがりと焼けました。

ふわっと : やわらかくて、軽(かる)い

       れい)このパンはふわっとしていて、おいしいね。
          ふわっとA.png

          ふわっとした髪型(かみがた)(=ヘアスタイル)だね。かわいい!
          ふわっと.png


ぎたいごはおもしろいですね。

********************************
みなさん、もし、教科書を持っていたら、会話を音読(おんどく)してくださいね。
1回だけじゃなくて、何回も練習してください。

すらすら言えるまで練習すると、
いつか日本人のように話せるようになりますよ。

では、第10課を終わりましょう。

ありがとうございました。
posted by Azumi at 07:05| 東京 ☀| Comment(0) | 新日本語の中級 第10課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。