2012年07月11日

新日本語の中級 第14課-@

みなさん、こんにちは。

みなさんはよく友達をほめますか。
あまりほめませんか。

日本人はほめることも、ほめられることも苦手な人が
多いと言われています。

でも、ほめられたら、みんなうれしいですよね。
日本人だって、もちろんそうです。

最近、みなさんは誰にどんなことをほめられましたか。
みなさんは誰にどんなことをほめましたか。


ちょっと思い出してください。

思い出したら、ちょっとうれしくなりましたか。

みなさんはほめられたとき、何と言いますか。
たとえば・・・

「日本語が上手ですね。」

と言われたら?何て答えますか。


「いいえ、まだまだです。」

と言いますか?

言ってもいいですが・・・まずは

「ありがとうございます。」

と言ったほうがいいと思います。

それから「でも、日本語は難しいですから、もっと勉強します。」とか
今、みなさんが思っていることを言うといいと思います。

では、下の会話をみてください。

山本部長とリンさんの会話です。
今、山本部長の家でパーティーをしています。
パーティーで食べる食事は全部(ぜんぶ)リンさんがつくりました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

麻婆豆腐.png

山本:リンさん、料理、上手だね。
リン:え?そうですか?はじめて言われました!
山本:この麻婆豆腐(マーボードウフ)、すごくおいしい!
   プロがつくったのより、おいしいんじゃない?
リン:いえ、そんなことないですよ。
山本:いや、ほんとに上手。
リン:ありがとうございます。よろこんでいただけて、よかったです。
山本:リンさんは小さいころから、お母さんの手伝い、してたの?
リン:えっ。どうしてわかるんですか。
山本:見りゃわかるよ。手際(てぎわ)がいいよね。
リン:ありがとうございます。
   私の両親は共働き(ともばたらき)で、小学校のときから
   私が家族の食事のしたくをしていたんです。
山本:そっか。えらいな。
   リンさんちも共働きだったんだ。じつは、うちもそうだったんだよ。
リン:へぇ。じゃ、山本部長も料理をされるんですか。
山本:ああ、よくしていたよ。今はあまりしないけどね。
リン:そうですか。
山本:ははは。リンさん、この麻婆豆腐、おいしいから、おかわりくれる?
リン:はい!

※共働き(ともばたらき):お父さんもお母さんも働いていること。
※手際(てぎわ)がいい:何かをつくったり、かたづけたりするとき、
            はやく、よくできること。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

どうですか。わかりましたか。

■ じょしの省略(しょうりゃく)

@ リンさん、料理、上手だね。
A この麻婆豆腐(マーボードウフ)、すごくおいしい!

@の文は
リンさん料理上手だね。

Aの文は
この麻婆豆腐すごくおいしい!

と同じです。でも、「は」と「が」がありません。
話すとき、ときどきじょしを言いません。(言わなくてもいいです)

でも、ぜんぶじゃありません。


「が」「を」「へ」「に」「は」は言わなくてもいいときがあります。
でも、いつもじゃありません。


●「に」:曜日、期間の「に」は省略(しょうりゃく)できます。
    夏休み北海道へ行きます。

 これはだめ!⇒ 私は田中さん、花をあげました。
  ※この「に」は省略(しょうりゃく)できません。

●「が」:これは そぼ買ってくれた 着物です。
     <そぼが買ってくれた>は<これは 着物です>の文の中にありますね。
     文の中にある文の「が」は省略(しょうりゃく)できません。

じょしをあまり使わないと、文がわかりにくくなります。
 時々じょしをいわなくてもいいですが、あまり言わないと、
 じょしがわからない人だと思われますから、気をつけてくださいね。

■「えっ?」「へえ」「わあ」「ああ」など

会話の中で、山本部長もリンさんも「え?」とか「ああ」と言っていますが、
どんな気持ちだったと思いますか。

ちょっと考えてみてください。

それでは日本語ではいつ、どんなことばを言うか、見てみましょう。

●わあ
 ・わあ、きれいな海!
 ・わあ、木村さん、きれい!

  きれいなもの、すばらしいものを見たときに使います。

●へえ、へ〜 ・へえ、この辞書、人気があるんだ。使いにくいと思ってた。

  知らなかったことを知ったとき、少し意外(いがい)だな、と思ったときに使います。

●あれ?
 ・あれ?れいぞうこに入れておいたケーキがない!

  おかしいな・・・と思ったときに使います。

●さあ
 ・さあ、出かけよう! (いっしょにしよう!というときに使います)
 ・さあ、ちょっとわからないな。 (考えてもわからないときにつかいます。)

●ああ
 ・A:このファイル、借りてもいいですか。
  B:ああ、いいよ。(「OK」「そうです」の意味)
 ・ああ、よかった。(安心した、うれしい、かなしいときに使います)

●えっ?
 ・山本:リンさん、料理、上手だね。
  リン:えっ?そうですか?はじめて言われました!
 
 びっくりしたとき、へんだなと思ったときに使います。

●ん?  
 少しへんだな、と思ったときに使います。

このことばをうまく使えると、もっともっと上手に聞こえます。
友達と話すとき、使ってみてくださいね!



それでは、少し休みましょう。
【関連する記事】
posted by Azumi at 11:14| 東京 ☁| Comment(0) | 新日本語の中級 第14課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。