2012年06月28日

新日本語の中級 第7課-A

みなさん、こんばんは。

それでは、前回(ぜんかい)のつづきです。


みなさんは先週の金曜日、サッカーをしているとき、ころんで、

korobu.png

足にけがをしてしまいました。


ではお医者さんと話しましょう。
医者.jpg


A:医者  B:あなた
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
A:どうぞ、おかけください。(おかけください=すわってください)
B:はい。
A:どうしましたか。
B: <考えてください>
A:そうですか。いつですか。
B: <考えてください>
A:どうしてもっと早く来なかったんですか。
B:すみません。そのうちなおるかと思って、ようすを見ていたんです。
  でも、なかなかなおらなくて・・・。
  それに、前よりはれてきたみたいなんです。    
  asiga hareru.png  ※腫れる(はれる)
A:じゃあ、ちょっとみせてください。
  ここに足をのせてください。
  だいぶはれていますね。おしますから、痛かったら、言ってください。
B:いたっ!! (=痛い)
A:痛みますか。
B:ええ、ここは痛いです。
A:ここは?
B:そこはだいじょうぶです。
A:骨には異常(いじょう)ないと思いますが、念(ねん)のため
  レントゲンをとりましょうか。
B:はい。お願いします。

レントゲン.jpg レントゲン

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いいですか。
 
*****************
A:どうしましたか。
B:サッカーでころんでしまって、足が痛いんです。
  (サッカーをしていたとき、ころんじゃって・・・)

A:そうですか。いつですか。
B:先週の金曜日です。
A:どうしてもっと早く来なかったんですか。
*****************

この会話はいいですか。

そのうちなおるかと思って、ようすを見ていたんです。

そのうち=近い日に、今から短い時間で

-------------------
A:まだ雨が降ってるね。かさ、持ってくるのをわすれちゃった。
B:そのうちやむわよ。天気よほうで、午後ははれるって言ってたから。
-------------------
このように、Aさんがしんぱいしているのを聞いて、
Bさんはへんじをしています。
へんじをするとき、「そのうち」をよく使います。


■異常(いじょう)(が)ない
異常(いじょう)=ふつうじゃない、何か悪いところがあるという意味です。
異常(が)ない=いつもとおなじ、悪いところがないという意味です。

念(ねん)のため、レントゲンをとりましょうか。

念のため=だいじょうぶだと思いますが、あとで困らないように、
     何かをしておくときに使います。

<使い方>
念のため〜しておきます(しておいてください)
    〜してみます(してみてください)
    〜しましょう
    〜してから、〜します


★今日は雨は降らないと思いますが、今は梅雨(つゆ)なので、
 念のためかさをもっていきます。

みなさんも「念のため」の文を考えてみてください。


できましたか。

■ 痛い/痛み/痛みます
痛い:い形容詞
痛み:名詞
〜が痛みます:動詞(自動詞)


それでは続きは第7課-Bで勉強しましょう。
posted by Azumi at 20:26| 東京 ☁| Comment(0) | 新日本語の中級 第7課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。