2012年06月26日

新日本語の中級 第5課-A

みなさん、こんにちは。

前回の文法(ぶんぽう)をもう一度確認(かくにん)しましょう。


■たしか〜たよね。

「よね」の前は「た形」です。

と言いました。

「お名前は田中さんでしたよね?」

あれ?た形じゃないな?

と思いませんでしたか。

「名前は田中だったよね。」と同じ意味なんですが、
名前を聞くときに、ふつう形ではしつれいですね。。。

ですから、「でした」を使って、ていねいに言うと、「でしたよね?」になります。
「でした」「ました」を使うと、ていねいになります。

************************************

それから、終助詞(しゅうじょし)についても、少し確認(かくにん)しましょう。

■ よ 
 〇相手(あいて)が知らないことを教えてあげるときに使います。
 〇アドバイスするとき、さそうとき、めいれい・きんしするとき、相手(あいて)にしらせるとき
  に使います。
 〇目上の人にはあまり使いません。
 
  @アドバイス:たばこは体に悪いですから、すわないほうがいいですよ。 (↑)
             ※「よ」を言うときにイントネーションを上げましょう。 
              イントネーションを上げると、「あなたのために」と
              いう気持ちがある文になります

  
  Aさそう:駅前のレストランにごはんを食べにいきましょうよ。

  Bきんし・めいれい:ここでたばこをすってはいけませんよ。
               早く食べなさいよ。

  C知らせる:そろそろ行く時間ですよ。
  

■ ね

 〇 〜ね。 ↓ (イントネーションを下げる):同じ気持ち/意見です。同じ気持ち/意見ですか。
 〇 〜ね。 ↑ (イントネーションを上げる):かくにん、ちゅういしてください
                        ↑これは目上の人には使わないでくださいね。

■ よね

 親しい人との会話でかくにんしたいときに使います。
 「よね」は「ね」より自分の意見(いけん)、考えに自信がない場合に使います。
 男の人は「〜(だ)よな」を使うこともできます。

■ な/なあ

 @ひとりごとのように話す。
  ※ひとりごと=自分で自分に話すこと/一人で話すこと
 A感動(かんどう)の気持ち

 @こまったなあ。
 Aふじさんはきれいだなあ。

■ かな

 ひとりごとのように、話します。
 少し自信(じしん)がありません。または、まよっています。
 ですから、相手(あいて)の意見をちょっと聞きたいです。

 こんなときに使います。

 むずしい仕事をしなければならないとき、
   ★この仕事、私にできるかなあ。(自信がない)

 ちょっとのどがいたい。
   ★今日は早く帰ろうかな。(まよっている) 


いつ どの終助詞を使うか、ちょっと練習してみてくださいね!
posted by Azumi at 11:15| 東京 ☀| Comment(0) | 新日本語の中級 第5課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。