2012年06月25日

新日本語の中級 第4課-C

みなさん、こんばんは。昨日はお休みしてしまい、もうしわけありませんでした。。。


さて、ちょっと難しいですが、下の文を読んでみてください。

======================================================

『2節(せつ)で述べた(のべた)学習者(がくしゅうしゃ)の多様性(たようせい)に
対応(たいおう)して、もっとも効率的(こうりつてき)な教育(きょういく)を
行う(おこなう)ために日本語教師(きょうし)が行わなければならないことは、まず
学習者とそれを受け(うけ)入れる(いれる)日本人双方(そうほう)に対(たい)して
ニーズ分析(ぶんせき)を実施(じっし)し、ニーズ領域(りょういき)を特定(とくてい)
することである。』
(『日本語教育の方法-コース・デザインの実際-田中望書)

======================================================

書いてあることは・・・

いろいろな人が日本語を勉強していますが、一番いい教育を行うために
日本語の教師がしなければならないことは、どんな日本語を、どうして
勉強したいのか、いつ、どんなところで日本語を使うのかということです

ということです。

わかりましたか。
文の最後、「〜である」を見てください。

私の文では「〜である」を使っていませんね。
何を使っていますか。

〜です

ですね。

はい、「〜である」と「〜です」の意味は同じです。

〜である
 ・フォーマルな言い方/書くときのことば
  たとえば、論文(ろんぶん)や報告書で"客観的(きゃっかんてき)"
  に言うときに使います。
  ですから、私の意見・考えを言うときは使いません。

 ・「〜である」があるのは、めいしな形容詞(けいようし)だけです。
  (動詞とい形容詞はありません。)
  
   〇めいし:トヨタは世界で有名な自動車の会社である。
   〇な形容詞:環境(かんきょう)をまもるために、紙をもっとたいせつに使うことがひつようである。
     ※な形容詞の「な」はとります。

   動詞とい形容詞は「〜である」がありませんから、ふつう形をつかいます。


日本語は書くとき、文のさいごがちがいます。
いくつか種類(しゅるい)があるんです。

@です・ます体 : 話すときも使いますね。

Aである体 : 今日勉強しましたね。

Bた・だ体(たい)


たとえば、論文(ろんぶん)を書くとき、"です・ます体"と"である体"を
使ってはいけません。どちらかひとつだけです。

ですから、"である体"で書くときは、ぜんぶ"である体"で書きます。


いいですか?

 文の形.png

では、第4課をおわります。
posted by Azumi at 19:28| 東京 ☁| Comment(0) | 新日本語の中級 第4課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。