2012年06月09日

新日本語の中級 第2課-A

みなさん、こんばんは。

前回(ぜんかい)、遅刻(ちこく)の連絡をしましたね。

会社に連絡をしたとき、Cさんがいなかったら、どうしますか?
何と言いますか。

A:すみません。Cさんは席(せき)をはずされてます。
B:

言えましたか。

B:そうですか。じゃ、すみませんが、寝坊(ねぼう)してしまったので、
  30分ほど遅れると伝(つた)えていただけませんか。

みんなの日本語第33課で勉強しましたね。

<ふつう形>+と伝(つた)えていただけませんか
話すときは
<ふつう形>+と伝えていただきたいんですが・・・。
でもいいです。

「伝えていただませんか。」
「伝えていただたいんですが。」
「け」と「き」に気をつけてくださいね!

******************************************
B:30分ほど遅れると伝えていただきたいんですが・・・。
A:わかりました。30分ほど遅れるということですね
B:はい。
A:Cさんが戻(もど)られましたらそのように伝えておきます。
B:よろしくお願いします。しつれいします。
A:しつれいします。
(チン)

■<ふつう形>+ということですね。
 Bさんが言ったことをもう一度言って、かくにんしています。
 Bさんが長い文を言ったときは、大切なことだけを短い文で言いましょう。

 (ちゅうい)
1)B:<<〜てください。>>とつたえていただきたいんですが・・・。
  A:<<〜するように>>ということですね。
2)B:<<私が〜する>>とつたえていただけませんか。
  A:<<Bさん(様)が〜される(そんけい語)ということですね。
※このようにBさんとAさんで言い方がちがう場合がありますから、気をつけましょう!

■そのように:「そう」のていねいな言い方です。

■ます/ました + ら/ので
 みなさんは今まで た形+ら(〜たら)、ふつう形+ので と
 習いましたね。
 でも、た形や普通形だけではなく、ます・ましたも使うことができます。
 ます・ました を使うと、とてもていねいな言い方になります。

youtubeに動画がありました。「Vol.08 電話応対のマナーとクレーム対応の技術」
さいしょは悪いれいです。そのあと、いいれいがあります。


「〜ということですね」が聞けましたか。


じゃあ、みなさんが私の家へ電話をかけるときはどうしますか。

(トゥルルルル)
  母:はい、市川でございます。
あなた:私、<国の名前>の(りゅうがくせいの/けんしゅうせいの)<なまえ>ともうしますが・・・
    こんにちは。
  母:こんにちは。
あなた:市川先生はいらっしゃいますか。

と話始めるといいと思います。

もし、母が「はい」しか言わなかったら、みなさんは
「市川先生のお宅(たく)でしょうか。」
とかくにんしたほうがいいですよ。

日本語で電話をするのは、少しきんちょうしますね。
電話に出るときは、からなず紙とペンを持って出ましょうね。
すぐにメモすることができます。

それから、よく聞こえなかったら、
「すみません。よく聞こえなかったので、もう一度お願いします。」
「もうしわけありません。お声(こえ)が遠いのですが・・・。」
と言うといいですね。

では、電話の練習はここまでにしましょう。
posted by Azumi at 21:35| 東京 ☔| Comment(0) | 新日本語の中級 第2課 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。